エリア

民事再生手続きは取れる

民事再生手続きは取れる

(公開: 2014年9月 1日 (月)

民事再生という選択肢は住宅ローンがある重債務に悩む方々をターゲットに、住居を維持しつつも金銭管理の面でやり直すための法的機関による債務を整理する処理方法として適用された解決策です。

 

この制度には、自己破産とは違って免責不許可事由はないので散財などで借金ができた場合でも民事再生手続きは取れますし破産申請が理由で業務できなくなってしまうような業界で収入を得ているような場合でも民事再生は検討できます。

 

自己破産では、マイホームを対象外にすることはできませんし、その他の選択肢では、元金は戻していくことが求められますので、住宅ローン等も払いながら支払うことは現実として困難だと考えられます。

 

といっても、民事再生という手順を取ることができれば、マンション等のローンのほかの借入は少なくない負債を減らすことも可能ですので十分に住宅のローンを払いつつ借金を払っていくことができるということなのです。

 

ただ、民事再生という選択は任意整理や特定調停とは異なりある部分だけの負債だけを除外して手続きしていくことは考えられませんし破産申請においてのように債務が消えるのではありません。

 

さらには、他の整理方法と比較しても期間もかかりますので、住宅のローンがあって住居を手放したくないような時を除外して、破産宣告のような他の方法がない際の限定的な方法として考えていた方がいいでしょう。